メニュー

because と so - 英馬塾

078-222-0234〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-19
シルバービル2F北号室

オンライン動画配信中!
まずは会員登録

お問い合わせ

078-222-0234〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-19
シルバービル2F北号室

オンライン動画配信中!
まずは会員登録

お問い合わせ

お知らせ

because と so

because     so

両方とも『接続詞』です。
両方とも『接続詞』以外の使い方もありますが、今回は『接続詞』としての "because" と "so" を比較します。


接続詞とは

その前に『接続詞』について簡単に説明します。
『接続詞』は
『文』と『文』
『名詞』と『名詞』
『形容詞』と『形容詞』
『動詞』と『動詞』

を繋げる単語なのですが、 "because" と "so" が繋ぐのは『文』と『文』だけです。

conjunction



"because" と "so" は使い方が逆

"because" の意味は『なぜなら』『だって』
"so" の意味は『だから』『〇〇から』

なので "because" の文をひっくり返して "so" 
"so" の文をひっくり返して "because" にしても同じ意味合いになります。

I eat pizza because I am hungry.
(僕はピザを食べるなぜならお腹が空いているから)

I am hungry so I eat pizza.
(僕はお腹空いているからピザを食べる)

では一体どちらの言い方が正解なんでしょう?

・お腹が空いている
・ピザを食べる

主張したいのはこの2つです。

英語では基本的に強く主張したい方を先に持ってくる傾向にあります。

I eat pizza because I am hungry.
この文は "I eat pizza" をより主張したいからこの順番で言っています。

I am hungry so I eat pizza.
この文は "I am hungry" をより主張したいからこの順番で言っています。

なのでどちらも正解になります。


日本語は "so" をよく使う言語

I eat pizza because I am hungry.
(僕はピザを食べるなぜならお腹が空いているから)

I am hungry so I eat pizza.
(僕はお腹空いているからピザを食べる)

この2つの文の日本語の訳に注目してみると "because" は後付けっぽい感じがします。
日本語は "so" (『だから』『〇〇から』) をよく使う傾向にあり、
"because" (『なぜなら』『だって』) を使うと後から付け足した文になりがちです。


なので英語で話す時は日本語の感覚にとらわれず、強く主張したい方を先に持ってくるということを覚えておきましょう。 

Copyright © 英馬塾 All Rights Reserved.