メニュー

"get" の『手に入れる』以外の使い方 - 英馬塾

078-222-0234〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-19
シルバービル2F北号室

オンライン動画配信中!
まずは会員登録

お問い合わせ

078-222-0234〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-19
シルバービル2F北号室

オンライン動画配信中!
まずは会員登録

お問い合わせ

お知らせ

"get" の『手に入れる』以外の使い方

"get" は今や日本語でも普段の生活で使われるくらいメジャーな言葉になりました。

「この間の合コンで新しい彼女ゲットしたんだよ」
「これ昨日ゲットったんだけど…」

という具合に "get" は『手に入れる』という使い方をされています。もちろん英語でも "get" は『手に入れる』という意味で間違いないのですが、今回はそれ以外にもよく使う "get" の使い方を2つほど紹介します。

〇〇になってくる

 

I get hungry.
(僕お腹が空いてくる)

I'm getting fat.
(僕太ってきている)

このように "get"後に『形容詞』を持ってくることで『〇〇になってくる』という風に使えます。



わかる/理解する/了解する

もう1つの "get" の使い方は『わかる』『理解する』『了解する』という使い方ができます。

"Did you get it?"
(理解した?)

I don't get it.
(わからない)

 

"Give me a call at 7 p.m."             "I get it!"
(7時に電話ちょうだい)                (了解!)

『わかる』= "know"
『理解する』= "understand"
『了解』= "OK"

が一般的に知られる英語ですがこの使い方は本来の "get" = 『手に入れる』を応用した使い方です。

さっきの3つの例文を直訳すると


"Did you get it?"
(君それ手に入れた?)

"I don't get it."
(僕それ手に入れない)

"Give me a call at 7 p.m."             "I get it!"
(7時に電話ちょうだい)            (僕手に入れる)

つまり相手の話した内容などを『自分のものにした』という意味なので、
会話の内容によって『わかる』『理解する』『了解する』になるわけです。

Copyright © 英馬塾 All Rights Reserved.